玉津島神社

聖武天皇と万葉歌

聖武天皇が称えた風景

この地はいにしえより、玉のように連なる6つの島山(玉津島六山)と、干満を繰り返す潟湖、砂嘴(さし)、海原、重なり霞む山並みを望む風光明媚な地として崇められていました。
現在は妹背山(いもせやま)だけが島ですが、万葉の時代の玉津島六山(妹背山、鏡山、奠供山、雲蓋山、妙見山、船頭山)は、潮が引くと陸続きになり、満潮時には海に浮かぶ島となったといわれています。
この風景を、聖武・称徳・桓武天皇三帝はこよなく愛で称賛しました。中でも聖武天皇は、即位した年の神亀(じんき)元年(724)10月に和歌の浦・玉津島に行幸(ぎょうこう)し、14日間滞在しました。そして小高い山からの眺めに深く感動し、次のような詔(みことのり)を発しました。

山に登りて海を望むにこの間最も好し。遠行を労せずして以て遊覧するに足る。故に『弱浜(わかはま)』の名を改めて『明光浦(あかのうら)』と為せ。宜しく守戸を置きて荒穢せしむることなかれ。春秋二時官人を差し遣して玉津島の神・明光浦霊(あかのうらのみたま)を奠祭せよ。

(『続日本記』)

聖武天皇が登ったこの山が玉津島神社の背後にある奠供(てんぐ)山といわれています。この山から海を望んだ天皇は、「『弱浜(わかはま)』の名を『明光浦(あかのうら)』と改め、この景観を保全しなさい、春秋2回官人を遣わして『玉津島の神・明光浦霊(あかのうらのみたま)』を祀りなさい」と命じたのです。
また、聖武天皇に随行した歌人山部赤人も、その眺めを歌に詠みました。『万葉集』に収められた、長歌1首、反歌2首からなる玉津島讃歌です。

神亀元年甲子の冬十月五日 紀伊国に幸す時に山部宿禰赤人の作る歌一首 并せて短歌

やすみしし わご大君の 常宮と 仕へ奉れる
雑賀野ゆ そがひに見ゆる 沖つ島 清き渚に
風吹けば 白波騒ぎ 潮干れば 玉藻刈りつつ
神代より しかぞ貴き 玉津島山


反歌二首

沖つ島 荒磯の玉藻 潮干満ち い隠り行かば 思ほえむかも

若の浦に 潮満ち来れば 潟を無み 葦辺をさして 鶴鳴き渡る

(『万葉集』巻6 917~919)

聖武天皇が感動し、荒廃しないように守れと命じたこの玉津島の風景は、今も人々の熱い思いにより守られ続けています。

Page TOP