玉津島神社

玉津島神社とは

歴史

玉津島神社の歴史、天皇や貴族、歌人との長く深いゆかりをご紹介します。

玉津島が初めて文献に登場するのは奈良時代、神亀(じんき)元年(724)の聖武天皇の玉津島行幸です。『続日本記(しょくにほんぎ)』には、この地の景観を末長く守り御霊を祀るよう聖武天皇が詔勅(しょうちょく)を発したと記されています。その後、称徳天皇と桓武天皇も玉津島行幸を行いました。
また、聖武天皇の行幸に随行した歌人・山部赤人らの歌が『万葉集』に収められ、「玉津島」は、「和歌の浦」と共に万葉の歌枕(うたまくら)として憧れの地になります。
さらに和歌三神(わかさんじん)の一柱(はしら)・衣通姫尊(そとおりひめのみこと)が祀られているため、平安時代から宮中貴族や歌人たちの参詣や和歌奉納が行われました。江戸時代には7人の天皇・上皇が、古今伝授(こきんでんじゅ)後に宮中で法楽歌会を催し、宸筆(しんぴつ=自筆)和歌短冊を奉納しました。ほか文人墨客(ぼっかく)も多数訪れ、和歌の神への崇敬は絶えることなく続いています。
古代・中世の社殿については明らかではありませんが、江戸時代初め紀州を統治した浅野幸長(よしなが)により社殿が再建され、1992年(平成4年)篠田博之・めぐみ夫妻を中心とした多くの市民の浄財により、本殿が全面修復されました。玉津島神社は2010年(平成22年)、国指定名勝「和歌の浦」に指定されています。

年表

724年(神亀元年)10月
聖武天皇が紀伊国玉津島に行幸。山部赤人が若の浦や玉津島の歌を作る。
765年(天平・神護1年)10月
称徳天皇、玉津島に行幸。望海楼に御す。
804年(延暦23年)10月
桓武天皇、玉津島に行幸。船遊びを楽しむ。
1009~14年(寛弘6~長和3年)
権大納言藤原公任、玉津島、和歌の浦、吹上浜を遊覧。
1260年(弘長3年)3月
藤原為家、一門を率いて玉津島に参詣し、同社社頭において「玉津島歌合」を興行。
1278年(弘安元年)12月
『続拾遺和歌集』成る。この時、撰者二条為氏、玉津島社々殿を建立したという。
1308~17年(延慶~政和年間)
本願寺覚如(かくにょ)、和歌の浦に遊び、玉津島社に法楽歌10首を奉納(この覚如参詣の様子を描いた『慕帰絵詞(ぼきえことば)』巻7が、玉津島社を描いた絵画では現存する最古のものとされる)。
1319年(元応1年)9月
二条為世、一門を率いて玉津島社に参詣。
1367年(貞治6年)3月
2代将軍足利義詮(よしあきら)、京都烏丸五条に新玉津島社を勧請し、「新玉津島社歌合」を興行。
1472年(文明4年)5月
飛鳥井雅康の勧進により、「法楽百首和歌」を玉津島社に奉納。
1499年(明応8年)2月
後土御門上皇、玉津島社へ法楽歌4首を詠進。
1523年(大永3年)3月
醍醐理性院厳助、和歌の浦・吹上浜・玉津島・紀三井寺・藤代峠を巡覧。
1585年(天正13年)3~4月
羽柴秀吉、和歌の浦・玉津島・紀三井寺を遊覧。
1605年(慶長10年)
紀州を統治した浅野幸長(よしなが)、玉津島社の再興に着手。
1606年(慶長11年)11月27日
玉津島社々殿成る。
1660年(万治3年)4月
初代紀州藩主・徳川頼宣(よりのぶ)、玉津島社歌仙殿建立。三十六歌仙絵寄進。
1664年(寛文4年)6月1日
後西院、玉津島社へ御製(和歌)等50首を奉納。
1668年(寛文8年)7月
頼宣、玉津島社へ詠歌1首を奉納。
1683年(天和3年)6月
霊元天皇、玉津島社へ御製等50首を奉納。
1688年(元禄元年)
松尾芭蕉、高野山から和歌の浦を巡遊。
1713年(正徳3年)11月
徳川光圀が編纂した『扶桑拾葉集』35冊を水戸3代藩主が玉津島社に奉納。
1714年(正徳4年)8月
藩主徳川宗直、玉津島社へ霊元天皇等の『月次法楽和歌』上下2巻を奉納。同月、中院通躬、玉津島社へ詠歌3首を奉納。
1720年(享保5年)
玉津島社へ後奈良院宸筆の掲額奉納。
1744年(延享元年)6月
桜町天皇、玉津島社へ御製等50首を奉納。冷泉為村、玉津島社へ父為久作の「吹上八景手鑑」を書写奉納。
1760年(宝暦10年)3月
桃園天皇、玉津島社へ御製等50首を奉納。
1766年(明和3年)6月
後桜町天皇、春秋二季の玉津島社祭典の復興を指示。同年9月より勅使派遣開始。
1767年(明和4年)3月
後桜町天皇、玉津島社へ御製等50首を奉納。後桜町天皇の執政関白近衛内前、神輿を奉納。
1771年(明和8年)3月
玉津島社の二季祭典に初めて院使派遣(以降毎年)。
1783年(天明3年)4月7~9日
後桜町上皇、内々に和歌の浦を遊覧。玉津島社に参詣。
1797年(寛政9年)11月
光格天皇・後桜町上皇、玉津島社へ御製等を奉納。
1813年(文化10年)3月
「望海楼遺趾碑」(仁井田好古撰文)建立。
1832年(天保3年)9月
奠供山上に拝所を建設し「望祀の礼」を復旧。「奠供山碑」(仁井田好古撰文)を同山上に建立(現在は拝殿横に)
1833年(天保4年)4月
芭蕉句碑、玉津島社東隣に建立。
1842年(天保13年)12月
仁孝天皇、玉津島社へ御製等50首を奉納。
1924年(大正13年)10月
雑賀村宇須の根上り松(枯死)、玉津島社鳥居前に移転、保存。
1992年(平成4年)
本殿、篠田博之・めぐみ夫妻を中心とした多くの市民の浄財により修復。
1994年(平成6年)
犬養孝文学博士揮毫による山部赤人の長歌と反歌の歌碑が、玉津島神社境内に建立。
2007年(平成19年)4月
1767年奉納の神輿、篠田めぐみ氏を中心とした市民有志により修復。
2008年(平成20年)6月
玉津島神社境内地が県指定文化財に指定(和歌の浦一帯が県「史跡名勝」に)。
2010年(平成22年)8月
同社を含む周辺一帯が国指定名勝に指定。
2013年(平成25年)5月
神輿、県指定文化財美術工芸品に指定。
2014年(平成26年)4月
拝殿修復。

年表は、『和歌の浦 歴史と文学』(監修/薗田香融 共編著/藤本清二郎・村瀬憲夫 和泉書院 1993)を参照しました。ただし下線部は当神社が付加した部分です。

Page TOP